早く治療を開始しよう

方法によって料金が異なる

歯を削った時の治療

少し虫歯ができている時は、歯を削って治療するのが一般的な方法です。
歯を抜くイメージを持っている人がいますが、すると周囲の歯や神経ダメージを与えるので良い方法ではありません。
歯の奥まで虫歯があり、削るだけで対応できない時の最終手段として歯を抜く治療が行われます。
いきなり歯を抜こうとする歯医者は、あまり良くないのでおすすめできません。

そして削ったままにすると噛み合わせが悪くなったり、バイ菌が侵入したりします。
そこで歯に詰め物をしますが、できるだけ安い素材を選んでください。
歯医者ではいくつか詰め物の素材を用意していますが、それぞれ料金が変わります。
無理に高い素材を選択する必要はないので、予算に合わせましょう。

失った歯の代わり

かなり悪化している虫歯は、削らずに抜いたほうが良いと医師が判断します。
しかし歯がない状態だと食べ物をうまく噛むことができず、言葉も発音できなくなるのでデメリットしかありません。
そのような事態を回避するために、代わりの歯を埋め込みます。
多くの歯を失った場合は、入れ歯を使うのが一般的な方法です。

入れ歯なら他の方法に比べて安い費用で済むので、予算が少ない人でも選択できるでしょう。
ただ入れ歯は、毎日消毒しなければいけません。
ケアを疎かにすると、バイ菌が繁殖してしまいます。
口内環境が悪化して、さらに病気を発症するので注意してください。
入れ歯を使い始める前に、医師から注意事項や消毒方法を聞いて勉強しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る